ちょっとした真冬の休み、風も強くない。息子も珍しく部活オフ。
なかなか今まで縁が薄い、トラツグミを狙いに、片道40分のドライブ。
ラーメンのまち佐野の里山です。

着いてすぐ、キクイタダキがいきなり登場。
久々の鳥撮りでキクさんは早すぎ。
父は撃沈でしたが、息子は何枚か捉えていました。

キクイタダキt04b

キクイタダキt05b

キクイタダキtb1j
Jump! Jump!

トラツグミが出ているらしい!という情報を聞きつけ、急行。。

トラツグミ01b
いました、いました。トラツグミ。 日陰を選んで忍者のように歩きます。

トラツグミ02b
そして、素早く虫を捕らえる。

トラツグミt03b
そして再び、落ち葉と同化。(息子作)

じっくりみることができました。

となりにはちょこんと、
シロハラt04b
シロハラ。(息子作) ツグミ類が多かったです。

十分満足でしたが、もう一人のターゲット、ウソを探します。

モズtb1
雄のモズが狩りをしていました。

となりで、
ジョウビタキ5b
ジョウビタキ。

さらに
ルリビタキ雌6b
ルリビタキの雌が飛び回っています。

聞き覚えのある、フィフィの声を頼りに探すと、
ウソ雌2b
ウソの番が水浴びをしていました。手前の雄は隠れたところでひっそりと。
雌は大胆でした。

短時間でしたが、つぎつぎに冬の小鳥たちが現れ、満たされた一日になりました。

帰りは佐野ラーメンを少々並びましたが満喫して家路へ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oyakobirder.blog.fc2.com/tb.php/60-a6044026