2014.07.21 真夏の水場
しばらく足が遠のいていた富士の麓の水場を、久しぶりに覗きにいきました。
ちょうど梅雨明けで夏本番ですが、大気の状態は不安定で、山は曇りがち、
さらに葉っぱが繁り日中でも水場は暗いです。

午後ちょこっと出かけてみましたが、鳥はよくでてきます。
まずは、
キビタキ若01b
この若鳥、人慣れしていて、人をまったく恐れません。
思わず手にのりそうでした。

息子も後ずさりしながら、
キビタキ若t01b

水場にはきれいな成長、若者、そして今年生まれの幼鳥。
3世代そろいます。
キビ3世代t01b
(息子作)

そしてそこには、メジロ、ヒガラ、シジュウカラ、オオルリ、、、
ソウシチョウも現れ、
ソウシチョウ4b
家族だけで座って静かに待つと、いろいろな鳥がかわるがわる現れてくれました。

今回のターゲットはクロツグミ。
水場から少し離れ気味に待っていると、、
クロツグミ01b
現れました。。雌と雄が2羽づつ。

クロツグミ雌01b
クロツグミ02b
暗い⇒感度上げてもシャッタースピード稼げない状況でしたが、
息子も最大のチャンスをものにし、
クロツグミt01b
父はピントが合わず、撃沈。

初夏には大砲が並ぶ水場も、真夏はひっそりとして家族で占有。
避暑地でリフレッシュできました。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oyakobirder.blog.fc2.com/tb.php/45-511eefad