息子も中学3年になり、部活も最後の頑張り、受験準備の模擬試験といろいろあります。
リフレッシュを兼ねて、ひと月ぶりに鳥見にでかけました。
もともとGWはちょっと遠征で夏鳥を追いかけに行こうと思っていたのですが、
前半は試験、後半は毎日部活と一日も空きません。そこで、、
午後出発で近場のトラフズク。。時間ロスが許されないので、
後輩を密偵に放ち(笑)、場所を特定しました! 
家から1時間以内で撮影開始。

トラフズク01b

親鳥はなかなか目を開けてくれない!

トラフズクt01b
息子もポジションを工夫して、なかなかの一枚。

雛の写真も息子に完敗でした。息子の作品から、、

トラフズク雛t01b
ぐるっと顔をまわして。。

トラフズク雛t02b
ツーショットもばっちり。

さらに遠くにキジを見つけて、得意のフットワークで近づきます。

キジt06b
さつきと絡んで一枚。

キジt07b
縄張りの主張!?

縄張り争い中だから撮りやすかった、、とは本人談。

さらに近くにカオジロガビチョウが現れます。

カオジロガビチョウ01b
これは父作。

カオジロガビチョウt02b
これは息子作。

息子は今日は調子が出ないとかいいつつ、、息子作になんか押され気味。
撮影枚数が違うんですよっ 倍以上もシャッターを押しているんです。息子は。
歩留まりは父の圧勝です。

高校生のとき、フィルム(リバーサル)で鳥を撮りはじめ、一枚入魂で撮るくせ
が抜けない父は、シャッターチャンスで負けています。

トラフズク02bb

父も頑張ってこんなシーンを捉えましたよ。

トラフズク03b

そんなに睨まなくても。。。

GWで高速が渋滞している午後ひと時、家族で鳥見を楽しめました。

帰りの道中、フットワークを鍛えることを密かに誓った父です。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://oyakobirder.blog.fc2.com/tb.php/41-7ae47537