上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.31 日光のスズメ
今日は鳥見ではありません。日光に家族旅行です。
とはいってもこの季節、ちょこっと鳥見を。

ニューナイスズメ01b

中禅寺湖の湖畔でニューナイスズメ。

日光でスズメといえば、

すずめb
東照宮のスズメです。
ちょっとマイナー?

でもその裏側は、、
ねむりねこb

そう、眠り猫。 
猫が眠って、スズメが遊べるような、、平和な世を 家康公がもたらした、、
となるわけです。

東照宮に行かれる方は陽明門が工事中でまったく見れませんので要注意。

さて、奥日光はまだまだ冬景色。

華厳よこb

華厳の滝の壁には雪が。

戦場b

戦場ヶ原は一面の雪。

竜頭b

でも、竜頭の滝では、カワガラスが舞い、ミソサザイがさえずり、
春近いことを感じさせてくれます。


スポンサーサイト
群馬・前橋の公園にヒレンジャクを探しに行きます。
上武道路を北上し、家から1時間で到着。
駐車場につくと早速ヤドリギにカメラマンが集まっています。

池のほとりのヤドリギに次から次へとヒレンジャクが集まり、
ヤドリギの実を食べては、水飲みに池へ、そして木の上で休憩・・・
を繰り返していました。

今日は鳥撮親子の写真コンテスト。
「ヤドリギ」「木止まり」「水飲み」「飛びもの」をテーマに
争います。
まずは父。

ヒレンジャク03b
ヒレンジャク04b
ヒレンジャク05b
ヒレンジャク06b

いかがでしょうか?

つづいて息子作。

ヒレンジャクt01b
ヒレンジャクt02b
ヒレンジャクt05b
ヒレンジャクt06b

なかなかの接戦でしょうか?

息子が勝ちっと思われた方は「拍手」をぽちっ。
父が勝ちと思われた方はそのまま。

春らしいポカポカの陽気のなか、ヒレンジャクを堪能した親子です。
一生に一度かも・・・話題のウタツグミと
近所のコミミズクにリベンジをすべく、
春の暖かさを感じながらの久々の鳥見です。
1時間ぐらいのドライブで相模川のほとりに到着。

メジロ3b

まずは、河津ざくらの蜜を吸いにきたメジロ。
三分咲きですが、春を感じます。

さて、今日の主役「ウタツグミ」は、

ウタツグミ2b
いました、いました。
地味ですが、なかなか日本では見れないそうです。
こちらも、春らしく花がらみで一枚。

息子も頑張ります。
ウタツグミt02b

ビンズイに似ているなぁ と話していると、近くで。
ビンズイt0316b
本物のビンズイ。やはりちょっとちがいます。

こちらも息子作です。
シロハラt0316b
シロハラ。
トラツグミを探しますが、なかなか人が多くて現れません。

そんな中、息子が粘って写したのが、
オオアカハラt01b
オオアカハラです。

ここらへんで引き上げないとコミミズクに間に合いません。

16:00に近所のコミミポイントへ到着。
いいタイミングで到着しました。

コミミズク5b

ヒラヒラと舞います。

そして近くにとまる。 菜の花をバックに。
コミミズク6b

息子もチャンスを逃しませんでした。

コミミズクt04b

コミミズクt03b

そんなにみつめられても。。

珍鳥にリベンジ、、
穏やかな春の一日。鳥見を満喫できました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。