上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日までの韓国は桜満開でしたが、日本は新緑真っ盛り、一月季節が違います。
どこに行こうか悩んだあげく、近場ですが久々に北本自然観察公園へ。

狙いは、渡りの途中の夏鳥を。。オオルリを探します。

まずはアオゲラ。ドラミングが新緑の森に木魂します。
アオゲラtb01
新緑の中に同化していましたが、何とか見つけました。(息子作)

つづいて、カラ類の群れの中に、
エナガ子b01
エナガっ子(父作)

タンポポも綿毛のほうが多くなりました。
tampopo02.jpg
(娘作)
キジムシロでしょうか?
キジムシロ01

オオルリのさえずりが聞こえました。
2回さえずったあと、パタリと。
近づいてみると、ツミの雌、、、これではダメです。。

正午をまわると、鳥の気配が薄くなり、あきらめモード。

すると近くでケーんケーンと。
どうせ見つからないと父は動き遅いですが、息子はフットワーク軽く、、
そして見つけました。
キジt04
(息子作)

縄張りの主張!
キジ4
(父作)
キジb01
みたな~。

最後に息子があくび?をキャッチ。
キジt03

結局、夏鳥を目にすることは出来ませんでしたが、
めずらしくキジをじっくり観察することができました。

まぶしいぐらいの新緑の中、緑色の鳥たちに恵まれた一日でした。


スポンサーサイト
4月14日 
午後ちょこっと近場の湖という名の池へ。
夏鳥が通りかかってくれれば・・・でしたが、まだ冬鳥が残っていました。

まずは娘の写した八重桜
八重桜01
大河ドラマは必ず見ています。

シメがまだ残っています。でもアトリやクロジ、ウソ、ルリビタキの姿はもうありません。

シロハラがいいところにとまってくれました。

シロハラtb03
息子作。

シロハラpb01
父作。

池の周りはツツジやヤマブキが彩ります。
ツツジ01
ヤマブキ01
みつばちも忙しそうです。

つづいて 4月21日
息子が野球部の友達と近くの公園へ。

ツミtb04
ツミの雌です。近すぎてノートリ。

鷹のイメージを大きくもっていた友達たちは拍子抜けだったようですが、、、
ツミtb05
でもさすが、眼光は鋭い。

ツミtb06
息子に抜け駆けされました。

不安定な天候、全国的には春の嵐が吹き荒れていますが、
関東地方はぽっかりと晴れ間がでました。
我が家とは相性のいい、高麗川河川敷に、冬鳥のラストを飾るべく出かけてみました。

黄色いたんぽぽが春を彩ります。
tampopo01.jpg
古いデジイチで娘が一生懸命撮ってくれました。

今日の目当ては、コレ、
キレンtb01
キレンジャクです。(息子作)
貴公子のような風貌、我が家は初見です。

キレンtb02
これも息子作。見返り系。

父もちゃんと撮りましたよ。
キレンジャクpb01

さらに、パンクロック系
キレンジャクpb02
学生時代、よく貸しスタジオですれ違いました。。

さらにさらに、
キレンジャクpb03
一気飲み。いまはあまり流行らないようです。

最後は、
キレンジャクpb05
飛び! 雀荘ではできれば避けたい。。。

ヒレンジャクの群れも旅立ちの準備です。
ヒレンtb01


娘は花々を求めて、
sumire01.jpg
ムラサキ色の花が綺麗でした。これはなんという名前でしょう?

不安定な天候。
croud01.jpg
嵐の前に退散です。(娘作)

季節の変わり目に念願のレンジャク三昧。
これで心置きなく夏鳥の飛来が待てます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。