冬の田んぼに水を張っておき、コウノトリを呼ぼうという試みを始めたわが町。
コウノトリではありませんが、このあたりでは珍しくオオハクチョウが飛来しました。
歩いていける距離です。
田んぼのなかに大きな鳥の群れがぽつんと。ギャラリーはいません。。
オオハクチョウ01b

オオハクチョウ03b

オオハクチョウt02b
(息子作)
羽繕いしたり、伸びをしたり、のんびり冬の陽だまりを楽しんでいます。

そろそろ、水が張ってある田んぼへ。

オオハクチョウb01
親たち。

オオハクチョウ06b
子供たち。   何をみているのかな?

オオハクチョウ05b
やはり水に浮かぶと優雅です。

オオハクチョウt05b
息子は近距離から。

オオハクチョウt07b
親子はいつも一緒です。

オオハクチョウb02
北への旅立ちはちかそうです。

毎年来てくれるようになるでしょうか?

おまけ 2/20
隣の県の公園にヤツガシラが入った。テレビやネットで賑やかに。
遅ればせながら行ってみたが、どうも2日前に抜けたらしい。。。残念。
ヤツガシラがよくいたという場所には、
タヌキb01
タヌキ。。。 ん。。


スポンサーサイト
2016.01.03 新年の鳥たち
本当に久々の更新です。
なんだかんだと忙しく、暖冬の影響か、近所の冬鳥も少ない中、
鳥見から遠ざかっていましたが、正月休みに家族で三番瀬に行って
ひさーしぶりのBird Watchingです。

ミヤコドリを2年ぶりに狙ってみると、、、増えてます。。

ミヤコドリ05b
盛んに貝を探します。(父作)

miyako_tb01.jpg
みつけたら、他の鳥の奪われないように安全なところに。(息子作)

ミヤコドリ08b
ここはあるかな? (父作)

ミヤコドリt04b
なさそうなので、、羽繕い。(息子作)

ミヤコドリ09b
あっちに行ってみよう!(父作)

ほかの鳥はむしろ減っていたような。

ダイゼン02b
ダイゼン。(父作)

ミユビシギt02b
ミユビシギ。(息子作)

ユリカモメt01b
ユリカモメが気持ちよさそうに浮いています。(息子作)

ハジロカイツブリt01b
ハジロカイツブリ。(息子作)

葦の中にいたのは、
オオジュリン02b
オオジュリン。(父作)

すぐに潮が満ちてきてしまって、短時間でしたが、十分堪能できました。


年末年始の実家めぐりと合わせて、三番瀬にミヤコドリを見に行きました。
はじめて訪れましたが、シギチがいろいろ近づいてきて、楽しい場所です。

まずは、ダイゼン。
ダイゼンt01b
(息子作)
すぐ近くまで寄ってきます。

ハマシギも人をそれほど怖がりません。
ハマシギ01b

しかし、ミヤコドリにはなかなか近づけない。。

そこで、足を濡らしながら沖へ少し進むと、
ミヤコドリ01b

なんとか、近づけました。
ミヤコドリ02b
牡蠣でしょうか? 一生懸命割ろうとしています。

静かにしていると、ようやく寄ってきてくれて、
ミヤコドリ04b

苦労のかいがありました。

鳥たちが騒がしくなると、上空には、、
ミサゴtb1
ミサゴです。(息子作)

それでもしばらくすると落ち着きを取り戻し、

ミユビシギt01
ミユビシギ (息子作)

シロチドリ01b
シロチドリ

普段、里山中心の親子にとってはとても楽しいひとときでした。

ちなみに翌日はお隣の
Disney1b.jpg

東京湾奥を満喫した年末でした。
2013.12.01 ヘラサギ来る
近くの沼にヘラサギが飛来とのこと。
埼玉に来るのは実に43年ぶりとか・・・
野球部の練習後、午後2時ぐらいに現地到着。

早速いました!しかも近い。。

ヘラサギ02b
(父作)

ヘラサギt02b
(息子作)

幸先よく、かなり近くで撮れました。
それにしてもエサを探して、水の中をごそごそ探ります。
嘴を水面にあげた瞬間に、シャッター音が響きまくる。。
着いて2~3分で沖合に飛んでいってしまいました。

約1時間後、
また、近くに飛んできます。
ヘラサギt03b
(息子作)

ヘラサギ04b
(父作)

そして再び、ごそごそ。。
エサを捕らえると、、、パクリ。
ヘラサギ06b
(父作)

ヘラサギt04b
(息子作)

小魚(モツゴでしょう)を食べまくりです。
今日はサービスが良いようで、近くで堪能させてもらいました。
ヘラサギt05b
(息子作)

ヘラサギに夢中になっていると、なにかが横切った。。
セイタカt05b
(息子作)
セイタカシギです。

しばし、ほかのカメラマンは見向きもしませんが、、親子はヘラサギは中断し、
セイタカシギを追います。

セイタカシギt07b
(息子作)

セイタカシギ02b
(父作)

先日、葛西臨海公園でセイタカシギを撮っている息子のほうが、ちょっと余裕がありますね。
ポーズがいいです。

ほかにも、真近で楽しませてもらったサギたち。
まずはダイサギ。
ダイサギ04b
(父作)

ダイサギt02b
(息子作)

コサギも綺麗でした。
コサギt01b

穏やかな初冬の午後のひととき。
貴重な鳥たちとの出会いでした。



冬鳥はまだまだまばら。。
期末テストの前にちょっと様子見に行ってみました。
近くの湖という名の池。

オオバンがすぐ近くでエサをあさっています。
オオバンp01b

ルリビタキは来ていないかと、父が薮の中を探しているあいだに、
息子が木の上になにかを見つけました。
ツツドリt01b

ツツドリの幼鳥!?
なかなかクリアに写せる場所にとまってくれませんが、、
ツツドリt02b
息子が粘り強く写しました。

水鳥は多いのですが、期待のオシドリは見当たりません。
カルガモp01b
マガモp01b

常連のカルガモとマガモ。

おやっ なにか見慣れぬヤツ。
ハジロカイツブリp01b
ハジロカイツブリがいました。

うちの近くの冬鳥はこれからが本番です。